けんこうなせいかつ

3食しっかり食べ、睡眠をしっかりとることで彼岸島のチワワ様みたいになることを目指すトライ&エラーのブログです。

うまい棒の世界を知るためには、シュガーラスク味を喰え!!

ー面白かった記事ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「走れメロス」のメロスは全然走ってなかったと検証した中学生の記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

みなさんは「うまい棒」最近食べていますか?

10円で夢いっぱいカロリーいっぱいで、ちびっ子とアスリートたちには効率の良い食べ物です。

小さい頃、私は王道「コンポタージュ」味が大好きでカジカジしていました。

このうまい棒、クセになるポイントは、サクッ!とした後にテクスチャーと化し口内で粘りつく食感と、独特のあの味だとおもいます。

 

で、このうまい棒の揺るがない世界を、意外な味で噛みしめることになったのです・・・

 

それは、シュガーラスク味!!

 

f:id:bocchan-dango_the_top_of_japan:20140212231505j:plain

 

えッ!うまい棒なのにシュガーラスク!?それって何なの??

甘いの?うまい棒なの??

時代に乗ってみたってこと安易に乗ってアイデンティティ壊すの?

 

私の中で竜巻が起こる。いざ開封・・・!

 

コンポタ味よりも、少し色が濃いです。

左がコンポタ、右がシュガーラスク。

 

f:id:bocchan-dango_the_top_of_japan:20140212231623j:plain

 

 

食べてみます。

すると・・・確かにう、うまい棒だー!!うまい棒の味がするよ!?

そして次にくるラスク味のウェーブ・・・!

 

なんと、ただ甘い、などではなくラスクの味を見事に再現しているのです!やさしい甘さが広がります・・・!

 

しょっぱいのに、甘い!!

 

ここで驚いてしまったのは、シュガーラスク味と「いつものうまい棒」が共存していたことです。

ただのラスク味になるわけでもなく、かといって「うまい棒が妙に甘くなってマズイ」というわけでもない。

きちんとトラディショナルを保ちつつ、革命をもたらす新たな味が両立されていたのです・・・!!

 

時代に乗ってみて、新しいものに安易に手を出して迷走・・・するのではなく、見事に自分に取り入れたうまい棒に感激してしまいました。

 

また、この「イレギュラーな味」を食べたことによって、今まで自分が何をうまい棒に求めていたのか、うまい棒といったら何なのかが明確になりました。

 

というわけで、アグレッシブかつ自分を見失わない実力と、『うまい棒観』もはっきり理解できるシュガーラスク味、おすすめです!!

 

(今までびびってたんですけど、ガリガリ君のシチュー味もトライしてみたくなりました・・・・)

 

 

 

広告を非表示にする