けんこうなせいかつ

3食しっかり食べ、睡眠をしっかりとることで彼岸島のチワワ様みたいになることを目指すトライ&エラーのブログです。

【小田原編】突っ込みどころ満載の看板など

昨日に引き続きまして、今度は小田原の看板です。

今回は看板ではありませんが・・・

 

① 出オチしている

終わりが分かりながら、読んでしまいたくなる本というのがあるだろう。この表示も同じである。

f:id:bocchan-dango_the_top_of_japan:20140222014257j:plain

「おしゃれ」に「横丁」という到底おしゃれではない言葉がついている時点ですでに、アウト感満載である。おしゃれじゃないのがネタばれている。

 

門を潜り抜けてすぐにある、そんなおしゃれ横丁のマップは

f:id:bocchan-dango_the_top_of_japan:20140222014332j:plain

おしゃれというより、アットホーム感にあふれていた。

 さて、そんな感じで歩をすすめていく。

 

メインストリートまでの道はまだまだだろうが、居酒屋の看板が見え隠れしてしまう。

その居酒屋やラーメン屋の前を通りすぎると・・・・

 

f:id:bocchan-dango_the_top_of_japan:20140222014414j:plain

やっぱりこんな感じだった。 フラグを立てまくり、とことん期待を裏切らない。

 

出オチしているのにこんなに興奮することがあろうか? 近代の文芸・映像作品にはおしゃれ横丁を見習ってほしい。

 

② 雑な豪華感

おしゃれ横丁をアッサリ引き換えし、小田原の商店街をぶらぶらすることに。

これといった面白いものがないなか、ショーケースの中で燦然と輝く調度品を私たちは見つけてしまった。

f:id:bocchan-dango_the_top_of_japan:20140222014524j:plain

 

 

な、なんだこの雑で思い切りが良すぎる豪華さは!!

 

シャノアールの小田原店舗で見つけてしまったサンプルに驚愕。

この豪快なパフェ、名前はファンカップという。チョコレートと和風味の2種類だ。(しかも560円とパフェにしては手ごろ)

 

何を思ったのか、コーンソフトクリーム2段重ね・・・そしてポッキーが刺してある・・・今の時代にお店でポッキー食べる、ということはグリコショップなどでしかできないと思っていた。

オリジナルの商品ではないのもがバレバレなものを、手をかけてないなってバレてしまうなんて気にしない!!安くてうまけりゃOK!!という豪快さ・・・

また、うつわの代わりであるコーンは、その本来の役目ゆえに頑丈なものであろう。

食べる時は早食いしてはならぬきっと。

 

ぜひ一度食べたいものだ。東京にも店舗があるのでぜひためしてみたい。

豪快な経験を!! 

広告を非表示にする